高校生株トレーダーのブログ

高校生投資家がIRや経済状況を元に根拠を示し、ストップ高やどのような動きをするのかを予想します!!

暴落時のポイント

暴落の時はいろいろな対策ができます。

株主優待がある銘柄

株主優待のある銘柄だと長期的に持つ人が多いので、下値は限定的です。また、確定日付近になると上がってくるので、欲しい優待をGETするチャンスが訪れます。

②下がりすぎている銘柄

下がり過ぎているということは元値までが大きいので、狙い目です。ただ、それだけ人気がないということも意味します。

「高乖離率ランキング マイナス」で調べれば出てきます。

③そのままにする

自分が選んだ銘柄ですから、何か理由があって持っているはずです。持つ理由が無くなったのであれば、売れば良いと思います。ただ、相場が良いときも悪いときもありますので、気長に待つのもありです。

④売る

仕事をしながらだと日経平均や為替が大きく動くと気になることがあると思います。そして、精神的にも疲れたり、仕事に影響が出たりするかもしれません。大きく動くときは現金化することで、本当に勝負したいときまで、待てるでしょう。

いつまで相場が不安定な状態が続くかわかりませんが、いつかは安定するはずです。

投資の考え方は人それぞれなので、自分の信念を持っていきましょう。