中学生・高校生から始める株式投資

自分は中学生のときから株式投資を始めているので14歳からの5年間の経験を活かしてブログを書きます。

2014年の中2からの株人生とブログの目的#1 

2014年

私は中2で株式投資を始めました。最初は全くわからず、Yahooの株アプリを見て、当時ボウリングに嵌っていたのでラウンドワンを200株買いました。あとはバリューコマースも同じ時期に買いました。その他はユニバーサルソリューションシステムズ、アイフラッグ、アイレックス、ケアネット、システムソフトも追加していました。

 

ラウンドワンについては業績が悪化し株価は半値になり、同様にバリューコマースも半値になりました。今思えばラウンドワンは投げ放題と靴で1200円(今だと倍)と安すぎるので業績が悪くなるのは予測できたと思います。

 

そして、成功例としてはケアネットです。医療系サービスで業績が良くなると思って買ったと記憶しています。買って3ヶ月後にインド企業との提携が発表され420円→2069円になり、ほぼ5倍株を達成しました。

 

ちなみに2072円がその時の最高値でほぼ完璧に売れました。上手く売れた理由は面談期間と勘です。急騰した理由は低時価総額で提携が材料として大きかったことだと思います。まぁ、FFRIがipoで急騰したり相場も良かったのではないかとよく覚えてないですね。

 

その当時の自分の策としては低時価総額のずっと株価が動かない銘柄を買い、急騰したときに売る方針でした。それは最初になんとなく買った2銘柄が下がったために自分なりに考えた方法です。

 

2015年

そして高校生になり投資期間が短くなっていき、投機に近くなっていきました。決算、四季報あたりを中心に1ヶ月程度で銘柄を買って売っていきました。システムリサーチ、EAJみたいな銘柄を買っていました。そこそこ儲かって夏には100万円の利益を確定させていました。

 

リスクしかないギャンブル

AppBankの上場。

Appbankというとわかりづらいですがマックスむらいで有名な会社ですが、上場当日の朝にマイナスな適時開示が出て安く寄り、その後あっと言う間に3倍になりました。それでIPOは儲かると勘違いし、初値買いして学校に行き、損失を確定させることが続きました。

2016年

そして、1月にIPOをやめて試行錯誤しましたが、虚しく

一時期280万円→17万円へ

 

そして、色々と試行錯誤を重ね年末には40万円ほどになっていました。

 

2017年 

偶然からの覚醒

サイバーステップを買ったことで短期間で1.8倍になりました。ブランジスタという前例もあり、ストップ高連発で寄ったときに買ったのですがその日の内に新たにサンリオとの提携が偶然出て儲かりました。そのおかげで余裕出たのと、材料判断が得意になっていたのでじわじわと儲かり夏前には170万円ほどになっていました。

 

更なる偶然

日刊工業新聞が原因で株価が急騰することが続いていたので読んでいたところ図研エルミックが載っていたので買ったところ3,4日で100万円儲かりました。

 

色々あって12月に100万円の損失を出しましたが150万円ほどのプラスで終えました。

 

2018年

試行錯誤の1年。結果も出ず無駄だった。

 

2019年

今のところ2月に再開して40万円のプラスですが、ここだけの話ですが90万円の損失を初めて1度に出してしまい、中々立ち直れませんでした。やっぱり今頃130万円の利益が出ていたと考えると違いますね。勝手に儲かれは方法として確立される→投資方法として成立、損すればギャンブルだと思っているので勝率をあげ確立させるしかないです。

 

ブログの目的

自分はとにかく無駄なトレードは数多く積んでいるのでそれを活かしてブログにしたいと思います。そして、私自身も20歳になるのでNISAを始めるにあたり本当の株式投資を考える機会にしたいです。

 

そして、このブログの真の目的は中高生、株の初心者の方に投資を伝えることです。自分はよくわからず始め、よくわからず損をしていました。注意点などを簡潔にまとめたいと思います。

また、背景には村上世彰氏が始めた「子どもの投資教育・投資体験プロジェクト」

子どもたちへ投資の機会を提供する 村上世彰氏の「子どもの投資教育・投資体験プロジェクト」 特設サイトをオープン、参加希望者の受付を開始 | GMOインターネット株式会社

があります。これから若い世代から投資を学ぶことが増えると考えているので、少しはブログで支援していきたいと考えています。

(実は生涯投資家を読んでから尊敬していて羨ましいです笑)

 

このブログは簡潔に言えば傾向と対策を示します。この銘柄を買えば儲かるみたいなことを書きません。また、私自身チャートは安い、高い、出来高しか見ないので本などでの学習をおすすめします。

 

ツイッター

みっちゃん (@mitchan_kabu) | Twitter